トップページ > 占いFAQ > 四柱推命はどのような占いですか?

占いFAQ

四柱推命はどのような占いですか?

四柱推命とは、中国で生まれた占術の一つで、生年月日時から個人の宿命を判断する占いです。吉凶判断に大変優れていて、中国では、的中率の高さから”占術の王”といわれています。その技術は、今日まで継承されており、多くの統計に裏付けられた、的中率の高い、大変に優れた占術です。
日本には、江戸時代に中国から伝わり、儒教者の桜田虎門により『推命書』は標されたの著されたのが最初です。その後、四柱推命という名前がつけられました。その由来は、生まれた年・月・日・時の4つの柱で宿命を推し量ることによります。
四柱推命の特徴は、干支暦(十干十二支を用いた暦)を使うことです。生年月日時を、干支暦で「十干」と「十二支」という記号に変換して、「個人の宿命図=命式(めいしき)」を作ります。
年・月・日・時を上下段に分けると、4×2=8つの欄が出来ます。上段に十干を、下段に十二支を1つずつ配します。つまり、個人の宿命は8字で表されることになります。
命式が8つの文字で構成されることから、四柱推命のことを、中国では「八字(バーツー)」と呼びます。また中国の徐子平という人の名を取り「子平」と呼んだりもします。
日本では便宜上、四柱推命という呼び名を使っていますが、内容や判断方法は、中国本来の正しい八字に基づいています。

このページの先頭へ戻る

  • 新宿店:03-5369-4158(新宿3丁目駅より徒歩1分)
  • 営業時間 12:00~翌 5:00
    ※日により最終受付時間が異なりますので、詳しくは スケジュール の鑑定士の出演時間をご確認ください。