トップページ > 占いFAQ > 占いとは何ですか?占いの種類はどういったものがあるのですか?

占いFAQ

占いとは何ですか?占いの種類はどういったものがあるのですか?

占い(卜い、うらない)とは様々な方法で、人の心の内や運勢や未来など、直接観察することのできないものについて判断することや、その方法をいいます。卜占(ぼくせん)や占卜(せんぼく)ともいわれています。
占いは、大別すると命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)の三種類に分かれ、占う者は目的に応じて占いを使い分け、組み合わせます。

命(めい)とは運命、宿命などを占うものです。誕生した生年月日・時間や、生まれた場所の要素も加えることによって、その人の生来の性質、傾向、人生の流れなどを占います。命占(めいせん)、命術(めいじゅつ)、推命(すいめい)などともいわれています。
西洋占星術、四柱推命、九星気学、紫微斗数(しびとすう)、算命、数秘術などが代表的な命占です。

相(そう)とは目に見える対象の姿や形を観て、現在の、人への影響や吉凶などをみる占いです。相占(そうせん)、相術(そうじゅつ)などともいわれています。
手相、人相、印相や家相、姓名判断などが相占です。

卜(ぼく)とは人が関わりあう事柄(事件)を占うものです。何かを決断するときなどに多く使われます。時間、事象、方位など基本にして占います。卜術(ぼくじゅつ)、卜定(ぼくじょう)ともいわれています。
卜の代表的なものに、タロット占いやルーン占い、周易、おみくじ等があります。

このページの先頭へ戻る

  • 新宿店:03-5369-4158(新宿3丁目駅より徒歩1分)
  • 営業時間 12:00~翌 5:00
    ※日により最終受付時間が異なりますので、詳しくは スケジュール の鑑定士の出演時間をご確認ください。